子供が浮気に気づいたあとに気をつけなければならないこととは

今月の22日はいい夫婦の日です。
皆さんの両親あるいは皆さん自身もよい夫婦生活を迎えられていることかと思います。
しかし、ときどき疑ってしまうのが「浮気」です。
では、もし子供自身が「浮気」に気づいてしまったあとに気をつけなければならないこととはなにか、ということを私の体験談からお話しします。
まず、他人の携帯電話から内容を知っても、動揺せずにそっと閉まっておくことです。
これは、私が小学生に実際にやってしまったのですが。

当時、携帯電話を持っていなかった私は、父親の携帯電話で遊ぶことが多く、そのときにうっかり写真か電話帳(記憶が定かではありませんが)を開いてしまい、慌てて母親に言ってしまったのです。
当然、母親は驚きますし、なにより当時、そのあとすぐに父親が発覚したことに対して怒り、携帯電話を真っ二つ(当時はガラケー)にしてしまったのです。
こういう感じで、当然、この時点で夫婦仲に大きな亀裂が生じてしまいます。
かりにそこで収まったとしても、のちのち、離婚しようかなんてことを考えてしまうこともあります。
しかも、こうしたちょっとした軽はずみで見つかってしまった浮気なんて、家庭内状況も絡まったとたんに大惨事となります。
私の両親も、その後、父の勤務先である料理屋が閉店した前後、一気に夫婦仲が冷え切って、母親が家を出ていくなんてこともありました。
今は、母親のほうが折れたといいますか、父親も反省はしているようなのでなんともありませんが。
もし、皆さんが家庭内の浮気を発見しても、慌てずにそっとしておくことをお勧めしておきます。
ただし、奥さんまたは旦那さん自身が発見してしまった場合は、修羅場になります。
その時は、子どもである自分はそっとその様子を見守るか、止めに入るかという選択をご自身でなさってください。
ただ、自分の手で目で見てしまった場合は、母親には知らせずに、しばらく様子を見ることが賢明です。
ですが、夫婦はやはり子どもと仲良く過ごしてのものだと私は考えますので、浮気が見つかっても離婚しないという選択肢が一番、子どもにとって安心できるものだと思います。
興信所の費用についてはこちら