告白してきた男性は先輩の彼氏でした

今から15年ほど前に私が転職をした時の話です。
ルートセールスの仕事で、上司が1ヵ月ほど同乗し、お客様の所へ在庫の見方や発注のやり方を説明をしながら1日中一緒にいました。
その上司から食事に誘われたり、休みの日に遊びに誘われたりしていました。
何度か「彼女はいないんですか?」と尋ねましたが、いつも言葉を濁されていたので、大丈夫なのかなと思い誘いを断ることはしませんでした。

何度か会っているうちに、私は頼りになる上司のことを「男性」として見るようになり、上司も「女性」として見てくださっていたので、関係を持ちました。
「素敵な上司と付き合えるなんて、なんて幸せなんだろう。」と幸せに浸っていたある日、その方にこう言われました。
「実は言ってなかったことがある。」嫌な予感がしました。
「もしかして、彼女がいてるんですか?」「うん…」やっぱりか…。
そしてまだモゴモゴしていたので、まだ何か言えてないことがあるの?と聞いたら「君が知っている人と付き合ってる。」と言われました。
その女性は、同じ職場の事務員の方で、その職場に勤めてからすぐ意気投合し、買い物などをするほどの仲になっていました。
そんな大事な先輩を裏切れない!
すぐ別れて欲しいと言いましたが、どうしてもそれはできないと泣き付かれました。
そこで「カッコ悪いな…」とそのまま終わればよかったのですが、逆に愛おしいと思ってしまい、先輩に隠れて付き合うようになりました。
でも、すぐにバレてしまいました。
電話で怒鳴られ、職場でも怒鳴られ、周りの方からも泥棒猫扱いをされる日々がしばらく続きました。
ギスギスしながら1年が経ち、いろいろあってその上司とはお別れしました。
そんなある日、慰安旅行先でその女の先輩と話す機会がありました。
「あの時、ボロカスに言ってごめんね。
あの時は本当に辛かった。
でも今は奪ってくれて感謝してるの。」どうゆうことか聞いてみると、もともとその上司は女遊びが激しい方で、私が出会う頃は冷めてきた時だったそうです。
別れるいいキッカケになり、そしてすぐに彼氏(今の旦那様)と出会えたのでよかったと感謝されました。
正直、複雑な気持ちになりましたが、先輩が幸せになれたのでよかったと思っています。
浮気調査料金についてはこちら